学資保険を見直すタイミング

どういったタイミングで見直すべきか。
これは学資保険のみでなく、保険全般に言えることです。
保険に入ったらそれで終わりということではなく、家計や世論の流れに対してきちんと対処していかなくてはなりません。

ですので、大変ではありますがタイミングを図り、しっかり考えていくようにしましょう。
場合によっては、そのプランどおり続けてしまっていることによって、損をしてしまう場合もあります。
子どもの教育費として発生する額は、1000万円以上といわれています。

この場合は、公立を中心として考えた場合ですので、私立を考えるともっとかかることを覚えておきましょう。
一括で発生するわけではないものの、幼稚園、小学校、中学校、高校、大学といった具合で、節目節目で必ず学費は発生していきます。
ですので、そのときそのときできちんと予算は考えていかなければなりません。

実際の保険を例に挙げて、考えてみるようにしましょう。
フコク生命の「みらいのつばさ」は、子どもの将来を第一に考えられた保険として有名なものとなっています。
タイプは2種類存在し、うち一つは、節目ごとに祝い金がでるS型です。

もう一つは、大学入学資金に重点をおいたJ型です。
満期は22歳ですので、今後の社会人生活へ向けてのステップアップとして活用できるのもうれしいところ。
ちなみに祝い金は、幼稚園、小学校、中学校、高校、大学、成人と、節目となる部分を全てサポートしているものとなっています。

上の例はJ型のもので、S型の場合には大学の入学時、および22歳のときに2回に分けて大きな額が支払われます。
J型が節目節目で支払われるのに対し、S型は主に大きな費用が発生する大学入学や、社会人としての自立の時期に支払われるという違いがあります。
どちらを重視するのかは家庭の環境によっても異なりますが、どちらでもしっかり考えていけるよう、きちんとプランを立てていきましょう。

大事な子どもの将来です。
実際に契約した後に後悔しないようにしましょう。