主婦が選ぶ間違いない学資保険

主婦の目線から学資保険を選んでみることにしましょう。
世の中には学資保険と呼ばれる保険名はいっぱい存在するものの、やはり人気のあるもの、ないものは分かれるものです。
実際人気の高いものから見てみることにしましょう。

やはり子どもを育てるにあたって、最大のネックはその学費の高さにあります。
最低でも1000万円はかかるといわれる学費。
但し、これは全て公立の学校に通った場合のお話です。

学費が安く、また勉強の質も高いとなれば、当然競争率が高くなってしまうのが公立の学校です。
そうなると、場合によっては私立へ進学することになるかもしれません。
そうなると、学費は高くなりますし、場合によっては部活を始めたり、塾に通ったりをする可能性もあります。

つまり、学費は私たちが考えているよりも高いものなのです。
しかし、だからといって簡単に育てられないのが子どもというものです。
だからこそ、しっかり学費を貯蓄できる、貯蓄に特化した保険が人気となっています。

一例を挙げてみると、フコク生命の「みらいのつばさ」は、子どもの将来を第一に考えられた保険として有名なものとなっています。
タイプは2種類存在し、うち一つは、節目ごとに祝い金がでるS型です。
もう一つは、大学入学資金に重点をおいたJ型です。

満期は22歳ですので、今後の社会人生活へ向けてのステップアップとして活用できるのもうれしいところ。
ちなみに祝い金は、幼稚園、小学校、中学校、高校、大学、成人と、節目となる部分を全てサポートしているものとなっています。
また、三井住友海上あいおい生命の場合には、子どもの「進学お祝金」と「医療保障」「養育年金」をセットで保障しております。

子ども成長と、それに伴う出費をサポートするために、節目節目でお祝い金を保証しているのです。
いずれの場合も知名度が高く、また多くの人の人気を獲得している保険となっています。
もし学資保険を始める場合には、人気が高いほうなら信頼も厚く、安心です。

但し、最終的に判断するのは自分自身です。
子どものためにしっかり考えていきましょう。