学資保険は本当に得か?

学資保険は本当にお得なのでしょうか。http://www.online-education-online.com/
加入していない立場でものを考えてみると、なかなか実感できません。
しかし、子どもの将来に関することです。

学資保険はしっかりとした保険として受け止めておきましょう。
学資保険は、子どもが幼いころから貯蓄を続けていき、子どもが節目を迎えたときに支払われるものとなります。
自分で貯蓄していてもいいのではないか、と思うこともありますが、実際自分で貯蓄していても、急な出費、あるいは生活費などで手をつけてしまう可能性もあります。

ですので、保険として行なっていくのが効率が良いとされています。
子どもは大きくなる一方で、教育費はそれに比例して多くなっていくのが一般的とされています。
そのなかでも、公立に行くのか私立にいくのかで学費はまったく異なりますし、短期間ではなかなか貯まらない額です。

子どもの人生ですから、なにが起こるのかは誰もわかりません。
中には成長過程でトラブルが起こったり、怪我をしたり、病気をしたりすることもあるでしょう。
そうなると、子どもが成長するおおまかなプランが違ってくることも考えられます。

そうならないためにも、準備は必要なのです。
さらに、近年は世帯別の収入も減っている傾向にあります。
こういった状況を考えると、よりきちんとした計画が必要になってくるのです。

一つの保険会社を例に挙げて考えていましょう。
NKSJひまわり生命の「こども保険」は、子どもの成長に合わせてお祝い金を受けとれる保険となっています。
教育資金として扱うことのできる「成長祝い金」ですが、これは何と合計金額、200万円にもなるようです。

もちろん加入した時期にもよりますが、これら祝い金が多ければ多いほど、将来の成長の際に負担は減りますので、とても利便性の高い保険といえるでしょう。
子どもの成長にはお金がつきものです。
積み立てのみでは限界があると考えることもできます。

しっかり考えていけるように、子どもが小さいうちに、しっかりと将来をプランニングしていきましょう。
そのためには、まずはそれぞれの保険の内容を見極めることが大切です。