中学受験のための学資保険

中学は長い長い教育期間の中でも特に重要なもの。
幼いと思っていた小学生の時代から、中学生へなっていくにつれて、子どももどんどん大人へとなっていきます。
そんなときのため重要なのが学費です。

中学といっても、私立に行くのか公立にいくのかでは、学費はまったく異なってきます。
どちらかといえば安いのは国立、公立といった学校ではありますが、勉学の質は高く、また学費は安いということもあってか人気が高いのが現実です。
ですので、もし国立・公立に入学させたいとなれば、早め早めに準備しておく必要があるでしょう。

それと同時に大事なのが、学費です。
高校・大学ほど高いものではないものの、勉学に対するものもあれば、部活や塾といったものも考えていかなくてはなりません。
そんなときのために、積み立てが大切なのです。

では、積み立てをしようとなったらどんな方法をとればいいのでしょうか。
単純に考えてみると自分で積み立てたほうが良いような気もするのですが、そう単純にはなかなかいかないもの。
どうしても手を付けてしまうこともあるでしょう。

ですので、学資保険のような積み立てが大事なのです。
一ヶ月単位の保険料ならばそこまで高いものではありませんし、子どもの将来へのステップアップと考えれば安いものですよね。
一例を挙げてみてみることにしましょう。

フコク生命の「みらいのつばさ」は、子どもの将来を第一に考えられた保険として有名なものとなっています。
タイプは2種類存在し、うち一つは、節目ごとに祝い金がでるS型です。
もう一つは、大学入学資金に重点をおいたJ型です。

満期は22歳ですので、今後の社会人生活へ向けてのステップアップとして活用できるのもうれしいところ。
ちなみに祝い金は、幼稚園、小学校、中学校、高校、大学、成人と、節目となる部分を全てサポートしているものとなっています。
積み立てをしている上で、さらに祝い金をもらえてしまうのが嬉しいですよね。

家計の負担とならない点もおすすめポイントです。