外資系学資保険って大丈夫?

外資系の保険会社だと、少しばかり不安があるという方も多いかとは思います。
ですが、しっかりと契約することによって、きちんと今後のプランが立てらえますので、大丈夫です。
契約を考える前に、まずは学資保険についてよかったらこちらのサイトで学んで下さい。
きちんと見極めていきましょう。

外資系の保険会社といえば、代表的なのはアフラックでしょうか。
CMでもおなじみのこの会社は、しっかりとした保険のプランが魅力的です。
そのため人気も高いのが特徴です。

そして、それはただの保険にとどまらず、子どもを対象とした保険、「学資保険」においても同様です。
アフラックの学資保険は「アフラックの夢みるこどもの学資保険」という名前になっています。
ポイント大きく分けて、6つほどあるのが特徴となっています。

まず第一に、大学入学時から4年間の間、「学資年金」を受取ることができるのです。
大学は私立、公立に限らずお金が発生してしまうものとなっています。
そんななか、保険でサポートがあるのはうれしいポイントですよね。

学資年金支払開始年齢は18歳と17歳が、それぞれ用意されているようです。
第二に、被保険者、つまり子どもは、0歳から満7歳の間まで契約が可能となっています。
なかなか産まれた直後は忙しく、保険まで頭が回らないこともありますが、満7歳まで有効なのはうれしいポイントですよね。

第三に、出生予定日の140日前から申し込むことが可能です。
これは、産まれた以降は忙しいことを考慮して、出生前に契約できるようにという、会社側の配慮となっています。
第四に、保険料の払い込み期間を選ぶことができます。

18歳で支払い終えるのか、それとも17歳にするのか、あるいは教育費の負担が重くなる前にという意味で、10歳で払い終えるプランも存在しています。
第五に、受け取れる総額が異なるのもポイント。
120万円からはじまり、一番高い額となると1500万円のコースまであるようです。

このように、いろんなサービスが付与されているのがアフラックの特徴です。
しっかり確認したうえで、契約するようにしていきましょう。