お受験と学資保険

学資保険はいつ入るのが得とされているのでしょうか。
巷でよく言われる言葉としてある「お受験」。
長い人生にはどうしても受験がつきものですが、進学の際の出費も気になるところです。

ですので、具体的に考えていきましょう。
子どもが産まれたばかりの時や、これから産まれるときなどは、あまり保険のことまで考えが回らないものです。
しかし、今後のことを第一に考えると、必ず保険は必要となってくるものです。

例えば進学です。
小学校、中学校、高校へと進学する際には、必ずといっていいほどお受験があるというもの。
但し近年は子どもの数も減ってきており、そのせいかお受験は昔ほど重要視されなくなってきたイメージがあります。

また、それとは反比例して学校の数が増えたり、高校までの学歴より、最終学歴を企業側が重視する傾向にあることから。
大学、大学院をよりよいところで卒業するといった人が多いようです。
そのため、小学校、中学校といったところに力を入れなくなったというのが、近年の傾向のように思えます。

但し、それはあくまで全体を見たときのお話です。
小学校、中学校を私立で考えるのか、それとも公立で考えるのかでは、なんと学費に倍以上の差が生じるのです。
全て私立を中心で考えた場合、幼稚園から大学までの教育費の総額は、約2300万円ともいわれています。

これに対して全て公立で計算した場合には、約1010万円といわれています。
倍近い差が生じているのです。
ですから、たかが受験と考えるのではなく、きちんと将来的なことも考えたうえで、教育費などを考慮していきましょう。

その際、学費をサポートしてくれるのが学資保険です。
子どもが小さなころから、将来のことを考えてきちんと積み立てを行なっていくことによって、将来へ貯金を残すことができます。
また、三井住友海上あいおい生命の「こども保険」の場合には、進学時にお祝い金がもらえる保障もついています。

学費をしっかり考える上でも、これは欠かせないサービス。
しっかり利用していきましょう。