3歳までに加入 学資保険

学資保険はいつ入るのが得とされているのでしょうか。
一般的には3歳まで入るのが良いとされています。
3歳といえば幼稚園に入園する時期でもあります。

子どもが産まれたばかりの時や、これから産まれるときなどは、あまり保険のことまで考えが回らないものです。
しかし、今後のことを第一に考えると、必ず保険は必要となってくるものです。
これは子どものためでもありますが、同時に親のためでもありますので、しっかり確認していきましょう。

まずは、加入時期についてです。
子どもを基準に考えてみると、産まれたばかりのとき、つまり0歳のときの加入が最適とされています。
若ければ若いうちの加入の方が、保険料は安く設定されているためです。

ですが、もちろんその時期を逃したからといって、遅いということは決してありません。
もちろん10歳、15歳となってくると、学資保険としては、お祝い金をもらうタイミングを逃してしまうことになりますので、早いにこしたことはないのですが。
3歳までに加入ということでも、まだまだお祝い金をもらう機会は残されていますので、この時期の加入が効率が良いでしょう。

今後の未来を見据えて、しっかり積み立て金などを考慮したうえで、保険会社を考えてみると良いでしょう。
代表的な保険会社はいくつもありますが、中でもおすすめとされているのが、三井住友海上あいおい生命の「こども保険」です。
4つの非常に優れた特徴があり、まず進学時には祝い金が保障されているという点、さらに、怪我や病気になってしまった際の保障も完備されています。

養育費をきちんと備えていきたい、あるいは万が一の事故や怪我などのときの場合にも考えていきたいとする親御さんにおすすめです。
加入年齢は、0歳から11歳となっていますが、実は父親、母親の契約時の年齢も条件にあります。
基本的には50歳までとなっていますので、早い時期に入るに越したことはありません、ちゃんと考えていくようにしましょう。