0歳から入る学資保険

学資保険は0歳から入ったほうがお得とされています。
私たちの生活に欠かすことのできない保険ですが、これは子どもを対象としている学資保険にも同じようなことがいえます。
子どもが産まれたばかりの時や、これから産まれるときなどは、あまり保険のことまで考えが回らないものです。

しかし、今後のことを第一に考えると、必ず保険は必要となってくるものです。
これは子どものためでもありますが、同時に親のためでもありますので、しっかり確認していきましょう。
まずは、加入時期についてです。

子どもを基準に考えてみると、産まれたばかりのとき、つまり0歳のときの加入が最適とされています。
若ければ若いうちの加入の方が、保険料は安く設定されているためです。
あとあとで保険に加入しようとすると、保険料が高くなっている可能性も出てきます。

例えば学校に入るときなどです。
保険のことを後回しにして、後悔が起きないように、早め早めの加入が大切です。
また、学資保険の加入と同様、これまで加入してきた保険なども、見直してみるといいかもしれません。

余談ですが、親の年齢も若いほうが良いとされています。
こういった観点から、0歳に加入した方が、保険料は安く、同時に家計に対する負担も少ないですので、楽になることが考えられます。
学資保険のメリットについてもご説明します。

実は学資保険に加入することにより、一定の年齢のときには祝い金を受けとることが可能なのです。
もちろん満額時にも、満額が受け取れます。
世の中にはいろんな保険会社が存在します。

代表的なところでは、CMでおなじみのアフラック、フコク生命や、三井住友海上あいおい生命など。
こういった保険会社の学資保険は、独自のサービスがあり、競合他社に追いつくためにも、サービスを差別化し、それぞれに強みが見えるようにしているのです。
たとえば三井住友海上あいおい生命の場合には、子どもの「進学お祝金」と「医療保障」「養育年金」をセットで保障しております。

子どもの成長と、それに伴う出費をサポートするために、節目節目でお祝い金を保証しているのです。
親にとってもうれしいポイントですよね。